知っておきたいオイリー肌になる原因と解決方法【Your Beauty】

顔のテカりが気になる

人によって顔の肌質が違うのを知っていますか?季節に関係無く顔がテカってしまうという人は、オイリー肌別名脂性肌である可能性が大きいです。オイリー肌の人は、他の人よりも皮脂が出やすい肌質です。皮脂が多く分泌されすぎるとニキビができやすく、毛穴が開きやすくなってしまいます。皮脂は間違った行為や普段の生活に影響して分泌されやすくなってしまう可能性もあるので、注意が必要です。皮脂が過剰に分泌される原因にはどんなものがあるのでしょうか?ランキングを作ってみました。

皮脂が分泌されやすい原因ランキング!

no.1

保湿ケアを怠っている

オイリー肌の人の中には、表面は乾燥していなくても内側が乾燥しているインナードライ肌の人がいます。内側が乾燥している為その乾燥を補おうと、皮脂が過剰に分泌されてオイリー肌になってしまうのです。オイリー肌は皮脂が多いだけで乾燥していないという意味ではないので、保湿ケアはしっかり行う事が大切です。保湿ケアは、自分で肌のタイプを知っていないとしっかり行わない人も多い印象があるので、皮脂の分泌を抑えるために保湿をしていきましょう。

no.2

ホルモンバランスが乱れている

仕事や食生活の乱れでホルモンバランスは崩れやすいです。女性は生理やストレスでも乱れやすくなってしまいます。女性ホルモンの中には皮脂の分泌を促す働きがあるものがあります。また、男性ホルモンの中にも皮脂の分泌を促す働きを持っているものもいます。ついつい夜更かししたり、偏った食事をしている人も多いと思うので、1位のランキングよりは順位が落ちますが、2位にしました。

no.3

顔の皮脂を取り過ぎている

オイリー肌だからと洗顔を念入りに行ったり、あぶら取り紙で皮脂をよく取り除いている人はいませんか?洗顔やあぶら取り紙は顔の皮脂を取り過ぎてしまうので、皮脂の分泌が過剰になる原因になってしまいます。この原因も過剰分泌の理由で多いものなので、ケアの際にやりすぎないよう気をつけましょう。

肌質の特徴

顔に触れる女性

オイリー肌とは毛穴から分泌される皮脂が多く、テカリがちな肌質のことです。皮脂が多く分泌されるとそれを栄養にしてアクネ菌が繁殖し、ニキビや吹き出物ができやすくなります。オイリー肌とは反対な肌質がドライ肌です。皮脂が少なく、常に乾燥しているのがドライ肌の特徴です。ドライ肌は皮脂バリアが破壊されている状態なので、紫外線などのダメージに弱いです。紫外線が肌に浸透するとシミやシワなどの原因になります。一見普通肌またはオイリー肌なのに、内部は乾燥している状態のインナードライ肌という肌質もあります。インナードライ肌はやっかいです。自分自身では乾燥していると気付かず、間違ったスキンケアを繰り返してしまいがちだからです。肌がベタつくからといって皮脂を抑える化粧水を塗ったりすると、ますますインナードライ肌になります。洗顔したあと一分間何もつけないで放置してみて、肌がつっぱった状態になったら内部が乾燥している証拠です。

肌への負担はNG

女性

自分自身の肌質をよく知って肌に極力負担をかけないスキンケアをすることが、美肌になるための秘訣です。スキンケアの基本となるのが洗顔です。スクラブ入りの洗顔料は皮膚が薄い人が使用すると負担がかかってしまう恐れがあります。ピーリング効果がある洗顔料も同じです。デイリーに使用するのは避けて、1週間に1回や1か月に3回のペースで使用するのがおすすめです。石鹸はよく泡立てることで汚れが落ちやすくなります。手のひらをひっくり返しても落ちないくらい、弾力のあるクリーミーな泡が理想的です。オイリー肌でニキビがあるなら、ニキビを潰さないように優しく洗顔し、洗い流します。タオルで優しく水分を拭き取ったらすぐに化粧水をつけて角質を柔らかくし、美容液を塗って栄養を与えてあげると肌が喜びます。

広告募集中